高校留年の進路

高校留年の進路

高校を中退することを決断するには、各自それぞれ様々な事情があります。

 

例えば、夏休み明けに学校が休みがちになり、そのまま中退してしまうという人は、昔も今もいます。
ほとんどの高校では単位制が採られているため、学校を多く休んでしまうと、授業日数も足りなくなり、現実問題として試験でも点数が取れなくなって、結局単位がもらえなくなります。
その結果、2年生に上がれず、1年で中退してしまうケースも少なくないのです。

 

学校側や、担任や教科担任としても、決して留年や中退を歓迎している訳ではありません。
学校にとっても、先生にとっても、それらは不名誉なことだからです。
もちろん生徒の将来を心配してくれてのことでもあります。
従って試験の点数が悪ければ再試験を行い、授業日数が足りなければどこかで埋めようと調整してくれるはずです。
このため、休みがちだったとしても頑張り続ければ、余程の事がない限り留年する決定的要素は生じないと考えられます。
ドラマや映画では取り上げられ易い、事件を起こしたり、学校にいて欲しくないということで退学させられるケースは、実はかなりの少数派なのです。

 

もしも高校で留年してしまった場合、そのまま1学年下の生徒たちと同じクラスで過ごすというのは、多くの生徒が避けたいと思うことです。
同じ学校にいれば、かつてのクラスメイトとしょっちゅう会うことになるでしょうから、当然気まずさを毎日何度も経験するようになり、現実としてそのままもう1年同じ学校で通い続けるというのは極めて稀なケースとなります。
多くは、別の定時制高校や通信制高校に編入する、あるいは高卒認定試験を受けて高卒者と同等の立場に立って次に進む、といった2つの進路を選択することになります。

 

前者の場合は、改めてその高校をきちんと卒業することで高卒という最終学歴を手に入れられますが、かつての同級生たちと1年、2年と卒業が遅れ、つまり社会に出るのが遅れるということに対して不安を抱く場合が多いです。
これに対して後者の場合は、頑張ればかつての同級生たちと同じ年齢の時に、進学や就職する道が見えてきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ